スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き(って、もう1か月経ってる!?)

20090424_1.jpg
いまや日本酒「菊盛」よりも「常陸野ネストビール」で、国内外問わず有名な木内酒造に遊びにいってきました。昨年末から稼働し始めた新しいビール工場(小屋)も含めて、久々の蔵見学です。


新しいビール小屋でレギュラービールを醸造する一方、かつてのビール蔵には写真のような、スペシャルビールを造るための醸造設備もありました。(ビール醸造設備の「ロールスロイス」だそうです。)

20090424_3.jpg
蔵の一部を改造して、美味しい手打ち蕎麦が食べられます。もちろん、日本酒もビールも飲めます!北茨城方面に遊びに行くのなら、お酒好きはもちろん、おそばを食べるだけでも寄ってみる価値ありです。

私は運転なので、ビールは飲みませんでしたが、助手席の妻は、一般市販されていない樽生ピルスナーを美味しそうに飲んでいました。(テイスティングだけしましたが、想像以上に出来が良かったです!蔵に行く機会があれば、是非飲んでみてください。)

20090424_4.jpg
帰る頃には日が暮れて、暗くなっていました。木内専務、高さん、どうもありがとうございました。



スポンサーサイト

日本の旨いビール

20090424_1.jpg
いやいや(汗)、ご無沙汰しております。
チェコ旅行の記事から約1ヶ月ぶり、久々のアップは北茨城の「木内酒造」の写真です。
日本酒蔵なのですが、今では「常陸野ネストビール」で世界的に有名な蔵元です。
この日は新しいビール工房(工場)を見学して、併設のお蕎麦屋さんでお腹一杯食べてきました。
(その様子は、次回。)

バドワイザーとブドバイゼ

スーパーの輸入ビール売り場で、久々に買いました。
左がバドワイザー、右がブジェヨヴィツキー・ブドバル(ブドバイゼル・ブドバル)。
因縁の2本です(笑)。
20080327_pivo.jpg

アメリカ、アンハイザー・ブッシュ社のバドワイザーという名称は、ビールで有名なチェコの街、ブドバイス(ブジェヨヴィツキーのドイツ名)から名をとったのは有名な話で、この商標登録に関しては未だに両者の揉め事のひとつな訳です。(細かな話はWikipediaにまとめられているので、興味がある人は読んでみてください。)そんな事情はさておき、ビール売り場で仲良く並んでいる姿に、思わず買ってしまったのです。

さて、チェコの「ブジェヨヴィツキー・ブドバル」は、チェコで唯一(最後)の国営ビール会社なのですが、何年も前から『民営化する、しない』という話題が上がり続けています。もう民営化したのかなと思って調べてみたら、結局のところまだでした(この記事)。拙い英語力ですので、微妙なニュアンスまで読み取れてないとは思いますが、この問題は政争のカードの一つでもあるようです。学生時代に、ちょっとだけどチェコのビール事情を勉強したこともあり、今後の動向が気になります。

夏だ!ビールだ!ワッショイ!!

茨城の木内酒造が時々、変わったビール(もちろん美味しいのですが)を買い付けてくるので、
少しわけてもらっています。
20060710.jpg

バートン・ブリッジ 「エンパイア」インディア・ペール・エール (500ml:999円)
Burton Bridge Empire India Pale Ale
【イギリスのビール】

"strong and heavily hopped to survive long journeys over sea and land"というラベル解説通り、ホップの利いた、苦味が強く、ボディのしっかりしたビールです。

ちなみに、インディア・ペール・エールとは、もともとイギリスからインドまで船で運ぶために、ホップの量とアルコール度数を上げて造られたビールです。何故にインドか?それはですね・・・17世紀から19世紀半ばにかけてのアジア貿易と、各地の植民や交易がポイント!(勉強不足なんで、記述はこのくらいにしておきます。世界史の教科書を読み返さなくては!)

それにしても、いかにも「大英帝国」って感じのラベルだ!!

RGA(リアル・・・)

20051107_1.jpg

常陸野ネストビール「リアルジンジャーエール」(330ml ¥秘密)
カ○ダドライじゃないですよ。その名の通り、副原料に生姜を使った上面発酵ビール。木内酒造さんから海外輸出ものをこっそりわけてもらいました。(ここに書き込んだ時点で「こっそり」じゃあないですね(笑))

さてさてこのビール、生姜の香りはあるが、決して飲みづらいものじゃありません。逆に仄かな甘みがあって飲みやすいくらい。(アルコールは7%あるから軽くはないけれど。)

20051107_2.jpg

このビールは塩気の強いものと相性が良さそう。ということで、無性に食べたくなったカップラーメン(でか丸のコーン塩バターラーメン)とは相思相愛でした。家でスポーツニュースを見ながらの一杯。こんなときは、カップラーメンでも「マイウー」なんです!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。