スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ヶ月に1度のフォレスタ会(前半)

今月のワイン会は、9月も下旬だというのに蒸し暑かったので、ドイツワインからはいりました。
20070921_wine1.jpg
(写真左)リースリングQbAトロッケン2003年 デンホフ
Riesling QbA trocken 2003 Donnhoff

ナーエ地方No.1であり、ドイツ全体でも5指に入るトップ生産者。綺麗なフルーティーな香りに、ほんの僅かの甘みと爽やかな酸があり、ワイン会の一番最初に飲む白ワインとしては最高の1本です。あっという間に1本目がなくなり、2本目を追加(笑)。前菜とも良く合っていたので、余計にはかどりました♪

(写真右)カーザ・ファヴォリータ2002年 ジャンニ・ガリアルド
Casa Favorita 2002 Gianni Gagliardo

1本目とは打って変わって、樽熟成のボリューム感のある白ワインです。ピエモンテ地方の地ブドウ「ファヴォリータ種」から醸されている、ちょっと珍しいタイプ。この品種特有のグレープフルーツの香りと樽に由来する香りとが交わると、なかなか面白いものがあります。程よいボリューム感で、パスタと一緒に合わせました。

20070921_1.jpg
鴨のコンフィとイチヂクのサラダ仕立て
少々酸味のあるソースが1本目のリースリングの酸とピタッとはまりました!
そして、とても美味しい鴨でした。


20070921_2.jpg
手打ちフィットチーネ ポルチーニ他キノコのクリームソース
和えずに、敢えて「つけ麺風」にしてあるのがミソです。キノコの旨味がグッと詰まったクリームソースは、そのまま食べても美味しいし、パスタにもちょうど良い塩梅で絡みます。参加者絶賛のパスタでした。私もワインの説明を忘れて、夢中で食べていました(笑)。
(今のところ通常メニューにはありません。食べたい人はフォレスタの店長に頼んでみてください。)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://vinecko.blog17.fc2.com/tb.php/304-a697beb2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。