スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ヶ月に1度のフォレスタ会(後半)

20070921_3.jpg
スズキと鮭の白子のポワレ トマトソース

メインはシンプルなお魚料理です。ちょうど良い火加減で、これまた美味しく頂きました♪
(量は少ないように見えますが、結構お腹一杯になりました。)


20070921_wine2.jpg
(左)チェンティス2000年 ロッカ・ベルナルダ (750ml 3,675円)
Centis 2000 Rocca Bernarda

フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア地方の赤ワインで、メルロー100%で醸されています。イタリアワインというと、サンジョヴェーゼやネッビオーロなどといった地ブドウが多いように思われるかもしれませんが、北東イタリアは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローといったフランス・ボルドー系の品種も多く栽培されています。

ブドウの出来の良い年だけ造られるチェンティスは、とてもクラシック(硬派)なワインです。7年経っていても、まだまだ固い。飲む2時間前に抜栓してデキャンティングしても内向的で固かった(笑)。とても質の高いワインなのですが、それだけに、完全にポテンシャルを引き出すことが出来ず、申し訳なかったです。(セラーに隠してある1997年は飲み頃かな?)

(右)ヴィラ・カポディリスタ1998年 ラ・モンテッキア (750ml 3,465円)
Villa Capodilista 1998 La Montecchia

ヴェネト地方の赤ワインです。メルローが6割、残りはカベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、ラボーソです。今回のワイン会では、これが一番評判の良いワインでした!

何がそんなに良いのかと言えば、やはり「バランスの良さ」に尽きます。チェンティスと同じく2時間前に抜栓したのですが、状態を考えて、デキャンティングは飲む10分程度前にしました。開けた直後に感じた青さはなくなり、9年経っているとは思えない、実に心地の良いフルーツと綺麗な余韻を楽しむことが出来ました。程よい酸もワイン全体の骨格を保つにはちょうど良いものでした。

もし、ボルドーワイン好きの方がブラインドで飲んだら、きっと「ボルドー」と答えるでしょう。そして、価格が3,000円台とは絶対に思わないでしょう!(ボルドーでこのクラスなら、5,000円はするでしょう。(大袈裟でなく!))


20070921_4.jpg
デザートは栗のタルトと洋ナシのコンポートでした。
やっぱり最後は甘いもので締め♪

20070921_wine3.jpg
ゼルティンガー・ゾンネンウアー リースリング・アウスレーゼ(2つ星)1990年
 マルクス・モリトール(750ml ???円)
Zeltinger Sonnenuhr Riesling Auslese★★ 1990 Markus Molitor

モーゼル地方の白ワイン。乾杯がドイツワインだったので、締めのデザートワインもドイツワインにしました。17年も経っているとは思えない瑞々しい柑橘系のフルーティーな香りと上品な甘味。なかなか飲む機会のないオールドヴィンテージを、折角の機会なので開けました。美味しかったです!!


次回は11月16日(金)19時15分~の予定です。
参加者、随時募集中!


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://vinecko.blog17.fc2.com/tb.php/305-19d4fe42

キンキのアクア・パッツア
ノコギリソウ 咲き始めました。キンキのアクア・パッツア ズバリ高級魚!三陸産 吉次(キンキ)●三陸産吉次 ズバリ高級魚!三陸産 吉次(キンキ) 2尾セット 煮ても焼いても刺身でも実に美味い。塩を一振り...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。