スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本でプロレスを楽しむ

先月の終わり頃から、まあいろいろあって、更新が滞っていてスイマセン。完全復活まで今しばらくのお待ちを。

といって、何も更新していないのも寂しいので、最近読んだ本の中から、面白かったものを紹介します。
風になれ 風になれ
鈴木 みのる、金沢 克彦 他 (2006/10)
東邦出版

この商品の詳細を見る

出版社/著者からの内容紹介
世界一性格の悪い男"の異名を持つ人気プロレスラー、鈴木みのるが、少年時代から現在に至るまでの半生を赤裸々に告白。
過去の自分を美化することなく、ストレートに自分を晒け出す鈴木みのるの魅力が、十二分に詰まった珠玉の一冊となっております。

なぜ、今の鈴木みのるがこんなに魅力的なのか、これを読めばすぐわかる!?
今の地上波TVは総合格闘技ばかりで、プロレスは深夜にちょっとだけ放映されるだけだけど、私はやっぱりプロレス(しかも、昭和の匂いがする)が大好きです。求む、プロレスのゴールデンタイム復活!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://vinecko.blog17.fc2.com/tb.php/307-4e6da3f4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。