スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿肉だぁ!

1月18日 フォレスタワイン会でのメインです。
蝦夷鹿肉のスペアリブをオーブンから出して、切り分けて、
20080118_3.jpg

いただきました!
鹿肉は獣臭くないので、シンプルに塩コショウの味付けだけで、とても美味しかったです。
最後は骨にへばりつく肉まできれいに食べてしまいました。
20080118_4.jpg

ワインはというと、
20080118_wine1.jpg

(左)サンジョヴェーゼ「シプレス」2006年 ヴィラ・ピロ
Sangiovese Cypresses 2006 Villa Pillo (2,100円)
(右)フラスカ2000年 ヴァッラミスタ
Frasca 2000 Varramista (2,835円)

両方ともイタリア、トスカーナ地方の赤ワインです。

シプレスは、骨格のしっかりとしたフルボディ。サンジョヴェーゼ100%です。でも、どこか素朴で親しみやすい雰囲気です。きっと今流行の『化粧の濃い』ワインではないからでしょう。サンジョヴェーゼというブドウ品種の個性、その魅力を充分に楽しめました。そして「これは売れる!」とも口にしながら思ったのでした。(若いワインなのでデキャンタに移し変えて2時間ほど待ちましたが。)

フラスカは、バランスの取れたミディアムボディ。サンジョヴェーゼを主体とし、シラーがブレンドされたものです。以前、この蔵元の醸造家が『エレガントなワイン』と言っていたことを飲んで直ぐに思い出しました。本当にエレガントで、美味しいワインでした。そして、そのエレガントなワインは、この日の鹿肉とピッタリ合ったのでした。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://vinecko.blog17.fc2.com/tb.php/317-fe3acbb4

コメント

鹿肉美味しいですね
癖がなくとても柔らかです。
ryuji_s1様:はじめまして!
鹿肉は片手で数えるほどしか食べたことはありませんが、癖が少なくて美味しいですね!
インターネットで検索すると、結構扱っている店があるので、今度は自宅で食べてみたいです。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。