スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコを食す!


プラハ 2日目昼食 PIVNICE U CERNEHO LVA 
定番グラーシュ。牛肉の煮込みです。パプリカで赤いです。手前に4枚並んでいるのはブランボラーク。ジャガイモのパンケーキみたいなもので、このお店のは結構にんにくとハーブが利いていました。右上の白いものは食べきれない奥さんからもらったクネドリーキ。小麦の蒸しパンのような団子のようなものです。
・・・あとから考えると、このお店、まぁまぁまぁまぁ(苦笑)。

IMGP1223_1.jpg
IMGP1224_1.jpg
プラハ 2日目夕食 Staromestska Restaurace
グラーシュスープと、クリームチーズとホースラディッシュをハムで巻いたもの。
お昼がかなり多かったので、夜は軽めになりました。というか、どこ行っても一人前の量が半端じゃない!一人一皿ではあまりに多いので、この日以降、2人でメインを一皿頼み、あとはサイドメニューをいろいろ頼む作戦で最終日まで過ごしました。
ちなみに、このお店は旧市街広場に面したレストランなのに、価格はとても良心的でした。(観光地特別価格ではない!)お店の雰囲気もよくてオススメです。

IMGP1275_1.jpg
プルゼニュ 3日目昼食 Na Spilce
スモークポークにソーセージ、ホイップブルーチーズなどなど、いろいろ乗った「レギュラープレート
300g」。これと、ザワークラウト、フライドポテトを頼み、もちろんビールも。ピルスナー・ウルケル醸造所の併設レストランなので、ビールにとてもよく合うボリューム満点の食事でした!ちなみに、このプレートが179コルナ(約800円)でした。安い!

IMGP1377_1.jpg
IMGP1381_1.jpg
チェスキー・クルムロフ 5日目昼食 Eggenberg
オロモウツ産チーズと、七面鳥の胸肉、ハムとチーズをはさんだもの 200g。

オロモウツ産チーズは、ホテルの朝食(ビュッフェ)でも食べました。ムニュッとした食感で、独特の風味がありますが、なかなか食べやすいチーズだと思いました。(後で調べたら、臭いが強くて好き嫌いが分かれるチーズだとか。)
料理は、とても美味しい特別な料理ではありませんが、素朴で親しみやすいもので、そして、ビールに良く合う料理でした!(ここも醸造所併設のレストラン。)またいつかチェスキー・クルムロフを訪れることがあれば、行きたいレストランです。
(つけあわせの野菜が、いかにも「解凍しました」って感じなのも含めて。)

IMGP1444_1.jpg
プラハ 6日目夕食 Pivnice Malostranska
スマジェニー・ジーゼック(シュニッツェル)200g
たたいて薄く延ばした豚のカツレツです。日本のとんかつよりもサクッとしていて、あっさりしていて、私の好みでした。旅行最終日最後にして、一番美味しいものを食べ、飲んだ気がします。さすが、ピルスナー・ウルケル パブガイド2009年で1番に選ばれたお店です!これを読んで、チェコに行かれる方がいれば、ぜひ行ってほしいレストランです!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://vinecko.blog17.fc2.com/tb.php/371-200139c8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。